bar nextHome osaka
  • nextform じゅんや

白紙に向かう者






思う様に配置したかった。

願った色が出て欲しかった。

音楽を奏でる様に描きたかった。

画を恣に描きたかった。

ずっと未完成でありたかった。

でも誰よりも完成に近づきたかった。

邪魔者のように

世間や依頼主、仲間を疎ましく思った。

なぜなら僕達は

ただただ好きな画を創りたかった。

初期衝動が捻られて

少年は、小さく悲鳴を上げて死んだ。

都合良い言葉を並べ、体裁を整え

知識人の言葉に養殖され、

似た様な形に整えられる

それこそが、その時からが

本当に自分が死ぬ事を知っているだろうが。

作品で褒められる只一つだけ。

そういう事だった筈だろうが。

生きる為に描いてたか?

描く事で生きてきただろうが。

創る事で生きてきただろうが。

完成を見れるなら、死んでもいい。

そう思えた瞬間があっただろうが。

清らかじゃなかったけど

いつも純粋だったはずだ。

根性はなかったけど

いつも勇敢だったはずだ。

散らかっていたけど

ここは神聖だったはずだ。

白紙を睨みつけるお前は、

未完成ながら、完成されているはずだ。


閲覧数:6回

最新記事

すべて表示