• nextform じゅんや

生きているのは、お前か俺か



ついに、貴方の年齢を超えてしまいました。

男は何か惹かれてしまう松田優作さん。

今から8年前か....2009年に、俳優・松田優作の生誕60周年、及び没後20年を機に製作されたドキュメンタリー映画『SOUL RED 松田優作』というものがあります。Youtubeに予告編がありましたので、貼っておきます。


そのメモリアルプロジェクト、映画『ブラック・レイン』のロケ地である大阪・名村造船所跡地を会場のVJに選ばれ、僕はその地にいました。

その日は、命日である11月6日。

僕の誕生日は、11月7日。

そうそうたるメンツ。圧巻のステージ。

VJをしている僕は、夢のようなシーンが続きました。


僕は、楽屋で事もあろうに、つぶやいたのです。

「僕、誕生日迎えてしまいました」

「え!優作の命日に産まれたの?」

「いえ、明けて....7日。今です。今日産まれました。」

答えてくれたのは、生前のジョー山中さんご本人でした。

そうです。あの「人間の証明」のボーカリストのジョー山中さんです。

「えーーーと....何かあるかな....」

「僕、このポスターが欲しいです。イベント終わったら一枚譲って欲しいです。」

松田美由紀さんは、ニッコリ笑って、OFFICE作の方が、丁寧に包装してくださり、プレゼントを頂いてしまったのです。ホント図々しいな僕は(泣)

もちろん額装して、現在も眺めることがあります。そのコピーにはこう書かれています。

「生きているのは、お前か俺か」

年齢こそ僕はあなたを超えてしまった。

.....いや、僕だって一生懸命に生きてはいるんだけど、命の塊とはよく形容したなぁ。

僕の塊は、まだブヨブヨで。あなたの塊は、引っ掻くとガラスさえ傷が入るぐらいに、尖って研磨され、硬度がすごい。そのように思えて、ポスターを見るたび、自分を律する機会を得ます。

そして、いつもお世話になっているFPMの田中知之さんも

「絢也、今日誕生日なんや!」といって、優作さんがCMに出演なさってた「トライアングル」というお酒で、自らお酒を作って下さり、僕と乾杯してくれました。

黒田征太郎さんとのライヴペインティング。その後の中村達也さん、ライヴ後の大西ユカリさん。

石橋凌さん。たこさんの皆さん。松田美由紀さん。OFFICE作 松田優作事務所の安部さん。虻川さん。そして、いつもすいませんFPM田中さん。

そしてそして、決して会うことができなかった、松田優作さん。

僕は、41歳になりました。

「生きているのは、お前か俺か」

いつか、「俺さ!」って言えるのかな?

....いや逆だな。

いつか死んだ時、残された人に、そう思えるぐらいの生き方を羨望されたい。


松田美由紀さん。お写真もありがとうございました。


出演者、スタッフの皆様も、この時はありがとうございました。

あの命日と、あの誕生日から、8年が経ちました。

僕は、まだまだです。

#松田優作 #松田美由紀 #FPM #SOULRED #ジョー山中 #石橋凌 #たこさん #黒田征太郎 #中村達也 #名村造船所 #ブラックレイン #blackrain

140回の閲覧

​楽天市場で、当店のグラフィックデザイナーが描いた、Tシャツやバンダナが、少量生産にて販売中です。自慢の作画を是非お手に取ってみてください。

At RAKUTEN, T-shirts and bandanas drawn by our graphic designers are on sale in small quantities. Please take a look at our specialty drawing.

​information :  06-6213-7560  or  junya1107@mac.com  ​address : 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-4-8 大㐂ビル6F

It's a website of the relaxing bar & graphic design production office in Osaka city   |   Copyrights©2013 nextHome & Copyrights©1994 nextform all right reserved.