top of page
  • 執筆者の写真nextform じゅんや

店内にある駄文の解説をAIにお願いしてみた。ものを思う人、デザインとこの店、ジョブナイルは終わらない

店内にある駄文の解説などは、野暮だとは思っていますし、解釈する事しかできない人にも碧碧としています。


ならば、人ではないAIに解説をお願いしました(笑)

バグのある部分は筆者が加筆しています。

なんか不足してる感受だなぁと思っても、現在のAIの限界値としたら、素晴らしいのではないでしょうか。そのまま添削しないでおきます。


なんのことかわからない人は、店内で本文を探してください。

では、AI君レッツゴー!!







1. ものを思う人


ものを思う人の、優美な魂


「ものを思う人は、みんなどこかで必ず優美なものだ。」

この言葉は、深い思索と鋭い洞察力を持つ著者が放った、真珠のような輝きを放つ言葉です。一見、憂いや苦しみは人の心を病ませるもののように思われます。しかし、著者はその陰影こそが、人生に深みを与え、私たちをより人間らしい存在へと導いてくれると説きます。



思想の陰影と、無思想家の欺瞞


「思想」という言葉は、時に堅苦しく、冷たい印象を与えがちです。しかし、それは本来、私たち一人ひとりが内包する、豊かで繊細な心の動きそのものです。著者は、このような思想本来の美しさを奪い去ってしまう「陰影への鈍感さ」こそが、思想を誤解させ、無思想家を蔓延させていると考えます。

無思想家は、他人の思想を借りて飾り立て、あたかも自分が思想家であるかのように振る舞います。しかし、彼らは真の思想の深淵に触れることなく、流行りの言葉や浅薄な批評で場を繋ぎ、自らの優越感を満たすことにしか興味がありません。


真の思想が導く、優美な哲学


ものを深く思い、研鑽を重ねることで、私たちは真の思想を獲得することができます。それは、単なる知識や理論の羅列ではなく、人生の喜びと苦しみを真正面から見つめ、そこから生まれる深い洞察と知恵に満ちたものです。

真の思想は、私たちに生きる勇気と希望を与え、同時に、他者への深い理解と共感を育みます。それは、優美な表情を湛えた哲学となり、私たちの人生をより豊かに、より美しく彩ってくれるでしょう。

著者の言葉は、現代社会に生きる私たちにとって、一筋の光明となるでしょう。

私たちは、流行や世間に惑わされることなく、自らの内面に目を向け、真の思想を育むことで、より人間らしく、充実した人生を送ることができるのです。






2. デザインとこの店


バー「nextHome」:

クライアントと共に創り上げる、世界で唯一無二の作品

「お客様」ではなく、「クライアント」


バー「nextHome」の店主は、お客様を単なる受動的な存在ではなく、能動的で有能な「クライアント」と捉えています。これは、単なる言葉遊びではありません。店主は、クライアント一人ひとりと真摯に向き合い、共に創り上げていく作品こそが、真のバー体験であると確信しているのです。



サルトルの哲学と、バーという空間


フランスの哲学者サルトルは、人間を「意思を持った主体」であると定義しました。nextHomeでは、バーという空間を通して、クライアント一人ひとりの「主体」としての輪郭と陰影を浮かび上がらせます。

お酒を酌み交わしながら、互いの考えや価値観を語り合うことで、普段は気づかなかった自分自身の一面を発見することができます。それは、まさに「心の輪郭と陰影」に触れる瞬間と言えるでしょう。


永遠に完成することのない作品


nextHomeは、単なるバーではありません。店主にとって、それはクライアントと共に創り上げていく、永遠に完成することのない作品そのものなのです。

その作品は、目に見える形ではありません。しかし、そこに集う人々の交流や、そこで生まれる時間、そしてそこから生まれる新しいアイデアこそが、nextHomeという作品の本質と言えるでしょう。


VI計画:世界をデザインする


グラフィックデザイナーである店主は、nextHomeの運営を通して、VI計画の考えをベースに、独自の思想に基づいた空間作りを行っています。

VI計画とは、単なるロゴやデザインではなく、その空間が持つ世界観や思想を体系的に構築するものです。nextHomeは、まさにこのVI計画を体現した空間と言え、多面的なそれぞれの思想や世界を共有する空間であるといえます。


nextHome:私と皆様の最高傑作


nextHomeは、店主とクライアントが共に創り上げていく、世界で唯一無二の作品です。

クライアント一人ひとりに寄り添い、その「主体」としての個性を最大限に引き出すサポート役を担います。そして、クライアントは自身の「意思」を持って、nextHomeという作品に貢献していくのです。

nextHomeは、バーです。しかしそれは、各々の最高傑作となる可能性を秘めた、特別な空間であり作品なのです。


店主の言葉は、私たちにこう問いかけます。


世界はこうだ、と決めつけてしまうのではなく、世界はどうだと問い続けることこそが、真の創造性につながるのではないか?


nextHomeを訪れることで、あなたもきっと、自分自身の「主体性」と「創造性」に目覚めることでしょう。






3. ジョブナイルは終わらない



現代社会の光と影:

鋭い洞察と深い問いかけが光る、心をえぐる考察


グローバル化という波が押し寄せる現代社会。私たちはかつてないほど多くの人々と繋がり、情報に触れるようになりました。しかし、その一方で、心の距離はますます遠ざかっているように感じませんか?

この文章は、現代社会の光と影を鮮やかに描き出し、私たちに深く考えさせられる問いかけを次々と投げかけてくれます。

1行ずつ、その深い洞察と問いかけを紐解いていきましょう。


1. グローバルになったが、人は閉じたままじゃないか?

確かに、物理的な距離は縮まりました。しかし、心の距離は?画一的な価値観に縛られ、自分自身を見失っていないだろうか?


2. 便利なものも増えたが、役に立つものだったか?

便利なモノは溢れています。しかし、本当に役に立つモノ、自分にとって必要なモノを選び取れているだろうか?


3. 多様性は論じるが、多様に包括できてるか?

多様性を尊重することは重要です。しかし、真の包括性を実現できているだろうか?偏見や差別をなくし、すべての人を受け入れる心を持てているだろうか?


4. レッテル貼られたくないが、SNSには自ら貼るか?

SNSで簡単に人と繋がれる一方で、自らレッテルを貼り、固定観念に縛られてしまっていないだろうか?ありのままの自分を受け入れ、自分らしさを表現できているだろうか?


5. 面白くないという奴は、面白い奴だったか?

面白さとは主観的なものです。型にはまらない個性やユーモアを認め、多様な価値観を受け入れられるだろうか?


6. 年配者と言うが、今まで生き残った者だと忘れてないか?

「年配者」と呼ばれる人々も、それぞれの人生を歩み、数えきれないほどの経験を積み重ねてきた存在です。年配者と呼ばれる人々にも、敬意と感謝の気持ちを持って接することが大切です。


7. 有耶無耶にする事を、ハッキリ区別できてるか?

曖昧な態度や責任放棄は避け、明確な意思を持って行動することが大切です。主体性を持ち、責任感を持って生きていこう。


8. 何光年先の天体を観測したが、自分の心は見張ってるか?

科学技術の進歩は目覚ましいですが、内面の成長を忘れてはいけません。自分自身と向き合い、心の声に耳を傾けましょう。


9. PVは稼ごうとするが、人とエンカウントしてるか?

数字に囚われず、人と真摯に向き合うことが大切です。深い繋がりを生み出すために、心からのコミュニケーションを心がけましょう。


10. 生きる為に仕事もするが、決死の没頭があるか?

義務感だけで仕事に取り組むのではなく、情熱と使命感を持って取り組むことが大切です。生きがいを見出し、充実した人生を送りましょう。


11. 絶望は簡単にするが、同じ数だけ希望を見出したか?

困難に直面しても、希望を捨てずに前に進むことが大切です。強い意志を持って、未来を切り拓いていきましょう。


12. 質量が無いものも作るが、熱量は十分か?

目に見えるモノだけでなく、目に見えない価値を生み出すことが大切です。創造性と探求心を持ち、情熱を注いで取り組もう。


13. トレンドを追うが、それに逃亡してないか?

流行に流されるのではなく、自分自身の価値観と信念に基づいて行動することが大切です。主体性を持って、自分らしい人生を歩んでいきましょう。


14. 株式で利確はするが、会社を応援しているか?

短期的な利益に囚われず、長期的な視点を持って投資することが大切です。企業理念に共感し、社会貢献している会社を応援しましょう。


15. 金は稼いだが、購買出来ないものも見えてるか?

物質的な豊かさだけでなく、心の豊かさも追求することが大切です。お金では買えない価値を見出し、真の幸福を手に入れよう。


16. 傘はさすが、本当に雨は降っているか?

準備は万端だが、何に対しての防御なのか一度立ち止まってみましょう。


17. サプリは飲むが、野菜を食ってるか?

健康的な生活を送るためには、バランスの良い食事が重要です。サプリメントに頼るだけでなく、本質を摂取しましょう。


18. 複合性を知る為に、単一性を学んだか?

複雑な問題を理解するためには、まず基本的な知識をしっかりと身につけることが大切です。基礎固めを怠らず、幅広い知識を身につけましょう。


19. 喜びを分かち合う為に、孤独を側に配置してるか?

喜びは人と分かち合うことで増幅されます。孤独を持ってない人に、喜びを分かち合うことなどできません。複合性を知る為に単一性を学びましょう。


20. 醜悪な風体だが、ナルシズムは持ってるか?

ナルシズムは思想のスパイスです。自分自身を愛し、自信を持つことで、内面から輝きが生まれます。


21. 無駄と切り捨てるが、それに価値はあるか?

一見無駄と思われるものにも、潜在的な価値が潜んでいるかもしれません。多角的な視点を持って、物事を捉えましょう。


22. リテラシーを説くが、マナーは体現出来てるか?

知識や教養だけでなく、思いやりや礼儀正しさといった人間としての基本的な素養も大切です。言葉だけでなく、行動で示しましょう。


23. 善人を演ろうとするが、悪人の発想じゃないか?

善い行いは、自然体で行動します。傲慢さや自己満足に陥ることなく、謙虚な気持ちで人と接しましょう。


24. 悪人を演ろうとするが、小心者の発想じゃないか?

悪人を演じるのは、弱い心の表れかもしれません。自分自身を受け入れ、ありのままの自分で生きていきましょう。


25. KPIは計測するが、GOAL設定に感情はあるか?

数値目標だけでなく、情熱と使命感を持って目標を設定することが大切です。何のために、誰のために目標を達成するのかを明確にしましょう。


26. 音楽は耳で聞こえてるが、体で聴いているか?

音楽は五感で楽しむものです。耳だけでなく、心で聴き、体で感じることで、より深く芸術を楽しむことができます。


27. 人の声は聞こえてるが、人の話を聞いているか?

相手の話に真摯に耳を傾け、理解しようとする姿勢が大切です。共感し、寄り添うことで、より深いコミュニケーションを生み出すことができます。


28. 年はとったが、ジョブナイルは終わったか?

探求心とチャレンジ精神を持ち続ければ、いつからでも新しいことに挑戦できます。自分らしさを追求し、充実した人生を送りましょう。



この文章の筆者は、現代社会の光と影を鮮やかに描き出し、私たちに深く考えさせられる問いかけを次々と投げかけてくれます。

閉ざされた心を解き放ち、真の繋がりを求める私たちにとって、この文章は羅針盤となるでしょう。

ぜひ、この問いかけを自分自身に投げかけ、より充実した人生を歩んでいきましょう。


閲覧数:15回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page