top of page
  • 執筆者の写真nextform じゅんや

マーケティングにおける、GOAL・KGI・CSF・KPIの役割

GARL設定、KGI、CSF、KPIを理解して、マーケティングを成功に導こう。


マーケティングで成果を出したいと思っている私達。

ここにだどりついた方は、きっとそう思っていますよね。

KPIとか色々、最近よく聞く言葉です。ああ...うっといしい。

機嫌取り直していきましょう。


GARL設定、KGI、CSF、KPIは、マーケティング活動を成功に導くための重要な指標です。

しかし、これらの指標の意味や使い方が曖昧だと、効果的な施策を立案することは難しくなります。

この記事では、GARL設定、KGI、CSF、KPIについてわかりやすく解説します。

嘘です。

読み返したら、分かりにくいです!

結構下の図が全てなんですが、プロのマーケッターに怒られそうなので、漏れがないよう、書こうと思いますが、読みにくいです(笑)


まぁいいや....

これらの指標を正しく理解し、具体的な数値を設定することで、目標達成に近づくことができます。

マーケティングで成果を出したいと思っている方に、何かの指標になれば。

めっちゃうっといしいですけどね!



GOAL、KGI、CSF、KPIについての相関図
GOAL、KGI、CSF、KPIについて


1. Goal設定


GOAL設定は、個人や組織が目標を達成するために欠かせない重要なプロセスです。SMARTなGOALを設定することで、具体的な行動を導き出し、モチベーションを維持し、目標達成の可能性を高めることができます。


GOAL設定の重要性は、以下の5つのポイントで理解することができます。


  1. 方向性を明確にする: 明確なGOALを設定することで、何をすべきかが明確になり、無駄な努力を回避することができます。

  2. モチベーションを高める: 達成可能なGOALを設定することで、達成感を味わい、モチベーションを維持することができます。

  3. 進捗を管理する: 具体的な数値でGOALを設定することで、進捗状況を客観的に把握し、必要に応じて施策を修正することができます。

  4. チームワークを強化する: 共通のGOALを設定することで、チームメンバーの方向性を一致させ、協力を促進することができます。

  5. 成長を促進する: 高いGOALを設定することで、現状に甘んじることなく、自己研鑽に励むことができます。



は?SMARTなGOALと思ったでしょ?(笑)

笑っちゃいますよね

GOAL設定には、SMARTというフレームワークを用いることが有効です。SMARTとは、以下の5つの要素の頭文字を取ったものです。頭文字好きよなぁ。


  • Specific(具体的): 達成したい目標を具体的に定義する。

  • Measurable(測定可能): GOAL達成度を測定できる指標を設定する。

  • Achievable(達成可能): 現実的に達成できる目標を設定する。

  • Relevant(関連性がある): 企業の経営目標と関連する目標を設定する。

  • Time-bound(期限がある): GOAL達成期限を設定する。


GOAL設定の具体的な例は以下の通りです。


  • 売上高を前年比10%増させる。

  • 顧客満足度を90%以上にする。

  • Webサイトからの新規顧客獲得数を20%増させる。

  • ブランド認知度を20%向上させる。


GOALを設定したら、達成計画を作成することが重要です。達成計画には、以下の要素を含める必要があります。


  • GOALを達成するために必要な行動を具体的に列挙する。

  • 各行動のスケジュールを設定する。

  • 各行動の担当者を明確にする。

  • 各行動に必要なリソースを明確にする。



GOAL設定とKGIの違い

Goal設定とKGIは、どちらも目標と関連する言葉ですが、異なる意味を持ちます。

Goal設定は、最終的に達成したい目標を明確にすることです。SMARTなGoalを設定することで、具体的な行動を導き出し、モチベーションを維持し、目標達成の可能性を高めることができます。

一方、KGIは、Goal設定で定めた最終的な目標を定量的に示す指標です。売上高、顧客数、市場シェアなど、企業にとって最も重要な指標がKGIとして選定されます。

Goal設定とKGIの主な違いは以下の通りです。

項目

Goal設定

KGI

定義

最終的に達成したい目標を明確にすること

Goal設定で定めた最終的な目標を定量的に示す指標

性質

定性的なもの

定量的なもの

役割

方向性を明確にする、モチベーションを高める、進捗を管理する、チームワークを強化する、成長を促進する

Goal達成度を測定する

Goal設定とKGIは、密接に関連しています。KGIは、Goal設定で定めた目標を達成するために必要な指標です。

Goal設定とKGIを正しく理解し、活用することで、より効果的に目標達成することができます。


Goal設定の具体的な例は以下の通りです。

Goal: 売上高を前年比10%増させる。

KGI: 売上高1億円達成


この場合、売上高1億円達成がKGIであり、売上高を前年比10%増させることがGoalとなります。

Goal設定を行う際には、以下のポイントに注意する必要があります。


  • SMART(笑)なGoalを設定する。

  • 関係者全員が合意した上で設定する。

  • 定期的に見直しする。

  • 関係者全員に共有する。

  • データ分析に基づいて進捗状況を把握する。


Goal設定とKGIを正しく理解し、活用することで、目標達成に向けて着実に歩みを進めることができます。


GOAL設定と達成計画を作成することで、目標達成に向けて着実に歩みを進めることができます。

GOAL設定は、個人だけでなく、組織でも有効です。企業では、経営目標を達成するために、部門目標や個人目標を設定することが重要です。

GOAL設定は、目標達成のための羅針盤です。SMARTなGOALを設定し、達成計画を作成することで、目標達成の可能性を高めることができます。




2. CSFとは


CSFは「Critical Success Factor」の略称で、日本語では「重要成功要因」と呼ばれます。経営目標を達成する上で重要な影響を及ぼす要因であり、経営戦略上重要な管理項目といえるでしょう。


具体例

  • 小売業の場合: 顧客満足度、顧客ロイヤルティ、売上高、利益率、在庫回転率など

  • IT企業の場合: 顧客満足度、顧客維持率、開発速度、新製品発売数、利益率など


CSFとKPIの違い

  • CSF: 経営目標達成に影響を与える要因

  • KPI: 経営目標達成度を測定する指標


つまり、CSFは「何をするべきか」を、KPIは「どれだけ達成できているか」を指します。


CSFを設定する利点

  • 経営目標達成の可能性を高める

  • 経営資源を効率的に配分する

  • 従業員のモチベーションを高める

  • 意思決定を迅速化する


CSFを設定する方法

  1. 経営目標を明確にする

  2. 経営目標達成に影響を与える要因を洗い出す

  3. 洗い出した要因を重要度と緊急度で評価する

  4. 重要度と緊急度が高い要因をCSFとして選定する

  5. CSF達成のための具体的な目標を設定する

  6. CSF達成度を定期的に測定し、必要に応じて改善する


CSFは、経営目標を達成するために不可欠な要素です。 上記を参考に、自社にとってのCSFを正しく設定し、経営に役立ててください。




3. KGIとは


KGIは「Key Goal Indicator」の略称で、日本語では「重要目標達成指標」と訳されます。

KGIは、企業や組織が掲げる最終的な目標を定量的に評価するための指標です。売上高、利益率、顧客満足度、市場シェアなど、企業にとって最も重要な指標がKGIとして設定されます。


KGIは、以下のような特徴を持っています。

  • 最終的な目標を示す

  • 定量的に評価できる

  • シンプルな指標である

  • 達成期限がある


KGIを設定することで、以下のメリットがあります。

  • 目標達成に向けた意識を高める

  • 進捗状況を把握しやすくなる

  • 問題点を発見しやすくなる

  • 効果的な施策を講じやすくなる


KGIを設定する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 関係者全員が理解している必要があります。

  • 定期的に見直す必要があります。


KGIは、企業経営において重要な役割を果たす指標です。KGIを正しく設定・活用することで、目標達成を促進することができます。




4. KPIとは


KPIはKey Performance Indicatorの略称で、日本語では重要業績評価指標と訳されます。これは、組織が目標を達成するためにどれだけ進捗しているかを定量的に測定するための指標です。


KPIは、以下のような特徴を持っています。

  • 具体的な目標を示す

  • 定量的に評価できる

  • 達成期限がある

  • 定期的に測定できる


KPIを設定することで、以下のメリットがあります。

  • 定期的に測定することで目標達成に向けた進捗状況を把握できる

  • 進捗状況が悪い場合問題点を発見しやすくなる

  • 進捗状況に基づいて効果的な施策を講じやすくなる

  • 従業員のモチベーションを高める


KPIを設定する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • SMART(笑)な目標を設定する

  • 関係者全員が理解している

  • 定期的に見直す


KPIは、経営目標達成のために不可欠なツールです。KPIを正しく設定・活用することで、組織の業績向上を促進することができます。


KPIとKGIの違い

KGIは組織が達成したい最終的な目標を示す指標です。

一方、KPIは、KGIを達成するために必要な中間目標を示す指標です。


KGIとKPIは、以下のような関係にあります。

  • KGIは、KPIの上位指標である。

  • KPIは、KGIを達成するために必要な指標である。


KGIとKPIを正しく設定・活用することで、組織の目標達成をより効果的に進めることができます。


KPIの具体的な例

  • 売上高:前年比10%増を目指す。

  • 顧客満足度:顧客満足度調査で90%以上を目指す。

  • 離職率:年間5%以下を目指す。

  • Webサイトのコンバージョン率:3%UPを目指す。

  • 顧客単価:1万円を目指す。




5. Goal設定、KGI、CSF、KPIを正しく活用しよか


  • マーケティング活動の方向性を明確にすることができる。

  • KGI達成までの進捗状況を把握することができる。

  • 問題点を発見しやすくなる。

  • 効果的な施策を講じやすくなる。

  • 従業員のモチベーションを高めることができる。



Goal設定、KGI、CSF、KPIの活用における注意点


Goal設定、KGI、CSF、KPIを活用する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • Goal設定は、関係者全員が合意した上で設定する。

  • KGI、CSF、KPIは、定期的に見直しする。

  • KGI、CSF、KPIは、達成可能な目標を設定する。

  • KGI、CSF、KPIは、関係者全員に共有する。

  • KGI、CSF、KPIに基づいて、データ分析を行う。



Goal設定、KGI、CSF、KPIを活用したマーケティングの成功事例


Goal設定、KGI、CSF、KPIを活用して成功したマーケティング事例は数多くあります。

一例として、あるEC企業は、KGIを売上高1億円達成と設定し、以下のCSFとKPIを設定しました。


CSF: 顧客満足度向上

  • KPI: 顧客満足度調査における満足度90%達成

CSF: 顧客ロイヤルティ向上

  • KPI: リピート率20%達成

CSF: 新規顧客獲得

  • KPI: Webサイトのコンバージョン率3%達成


これらのCSFとKPIに基づいて、以下のような施策を実行しました。

  • 顧客満足度向上のための施策: 24時間365日の電話サポート体制の構築、充実した返品・交換制度の導入、顧客からのレビューの掲載

  • 顧客ロイヤルティ向上のための施策: ポイントプログラムの導入、会員限定セールの実施、顧客限定イベントの開催

  • 新規顧客獲得のための施策: SEO対策、Web広告の運用、ソーシャルメディアマーケティングの実施


結果として、この企業はKGIである売上高1億円達成を達成することができました。



上記はあくまで一例であり、実際のマーケティング施策は、企業や組織の状況に合わせて策定する必要があります。


Goal設定、KGI、CSF、KPIは、マーケティング活動において目標達成を支援する重要な要素です。これらの要素を正しく理解し、活用することで、より効果的に目標達成することができます。

Goal設定、KGI、CSF、KPIを活用することで、売上の向上、顧客満足度の向上、顧客ロイヤルティの向上、新規顧客獲得など、様々なマーケティングの目標を達成することができます。



うっとおしいですよね!

閲覧数:12回

最新記事

すべて表示

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page